2017年06月21日

貧血の症状を改善する

ストレスがかかると「気」のめぐりが悪くなり停滞し、胃腸の膨満感などの張った感じや痛みがでたり、「気」が逆流・上昇すると、のぼせや、いらいら・吐き気等がでたり…

実際は漢方は、自覚症状よりも、顔色や体格・舌の色や形・

舌コケの状態や生理の血の状態や周期などを検討して薬を絞り込むので、一度は漢方の詳しい専門の方にかかって、
じっくり合う薬を探してみるのが良いでしょうね。

たぶん効くのがあると思いますよね。

鉄を始めとして、タンパク栄養・ビタミン類・時には、その他のミネラル類が同時に不足していることが殆どです。

それらの不足を読み取る為に血液検査をして、的確な栄養療法を施行することで『自律神経の乱れ』が回復する、というのが分子整合医療です。

人によっては 神経精神症状がでたり、身体症状であったり、その混在でもあり、ある人は全く症状すら出ない、低フェリチン血症とはそういうものです。

この記事へのトラックバックURL

http://tirorimnb.fukuokablog.jp/t12261
上の画像に書かれている文字を入力して下さい